突発性難聴とは?

突発性難聴とは、耳の奥にあり音を感じ取る「内耳」という器官、もしくは耳の神経の何らかの異常で発症する難聴のうち、明確な原因がわからないものの総称です。

 

突発性難聴を誘発するものとは?

突発性難聴の原因はわからないものの、血流不順や身体の過度な過労、精神的なストレスなどで誘発されることが知られています。

 

突発性難聴の鍼灸治療

突発性難聴は、発症からできるだけ早期に治療を開始することが必須です。
ある程度時間がたってしまうと聴力の回復が困難になります。
できるだけ一週間以内に治療を始めましょう。
一般的な耳鼻咽喉科ではステロイド剤などが処方される場合が多いです。
ステロイド剤だけで回復する場合もありますが、鍼灸治療で血流の循環を改善する治療を並行して行うと、回復の可能性がより高まります。

突発性難聴は、糖尿病や循環器の疾患による血流の障害でも発症しやすくなるので、鍼灸治療で全身の血流の循環を回復させることも大切です。