1.問診票の記入

問診票を記入していただきます。患者様のお悩みや現在のお身体の状態を詳しく把握し、最適な治療を受けて頂くためのファーストステップです。

2.着替え

当室は完全個室の治療室ですので、治療室内の更衣スペースをご利用いただき、治療着に着替えて頂きます。

3.問診

東洋医学は「フルオーダーの医療」と言われます。同じ疾患で、同じ症状を患っていても、人それぞれ原因や効果的な治療法は異なります。
そのため、ご記入いただいた問診票をもとに、現在お悩みの症状だけでなく、スポーツ歴、食生活や嗜好についても伺う場合があります。

4.検査

整形外科的な検査法に加えて、鍼灸治療特有の検査を行います。
手首の脈の打ち方を診たり(脈診)、腹部の硬さを診たり(腹診)、舌の形や色を診て(舌診)患者様のお身体の状態を詳細に把握していきます。

5.打診

検査で治療すべき部位の中から、さらにツボを選別する際に指圧を加えます。これは、筋肉の硬さや皮膚の状態、冷えや熱を持っているかなどを総合的に判断して、はりの指し方や刺入深度、きゅうのすえ方やきゅうの火力を詳細に決める最終的な検査で、打診と呼ばれます。

6.治療

打診により、治療箇所を正確に絞り込んでから、はりや灸を適切に組み合わせて実際の治療を行います。症状が深刻なほど、無用な刺激で症状が悪化してしまいますので、要所に対して過不足のない簡潔な治療が効果的です。

〔当室の鍼灸治療の3つの強み〕

7.病態の説明・セルフケア

お身体の状態や、今後の治療プラン、通院頻度、セルフケアなどについてご説明します。場合によっては、食事療法の指導も行います。

〔中川室長がお伝えしたいこと〕