なぜ、鍼灸治療を受けるべきなのか?

東京日本橋鍼灸治療室の中川 照久です。当室で、鍼灸治療を担当しております。

私は、肩こり・腰痛・膝痛・首の痛み・頭痛・不眠などを専門としている鍼灸師です。

当室では、難病や症状が重い方など様々な病態の方に対応するために、様々な鍼灸技法を最適に組み合わせて治療しています。

 

神経を癒す鍼の力

鍼と灸は、神経へ強く働きかける力を持っています。麻痺した神経を鼓舞したり、興奮しすぎている神経を鎮静化することができます。
鍼と灸は経に直接作用するので、痛みやしびれに対して優れた効果を発揮することができるのです。

“ホンモノ”の鍼灸治療

◆鍼灸は、心地の良く効果が絶大な至高の治療法

鍼灸治療を受けたことがない方は、「鍼は痛いもの」というイメージを持たれている方が、少なくないと思います。
また、「過去に受けた鍼灸治療が痛かった」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、鍼灸治療は本来非常に心地が良いものです。

◆世の中には、ありとあらゆる治療法がある

私は、小学生の頃から腰痛もちで、20年以上にわたって様々な治療を受けてきました。

以下の中で、受けたことがある治療法はありますか?

・カイロプラクティック

・オステオパシー

・野口整体

・中国式整体

・レイキ

・気功

・アロママッサージ

・リンパ療法(リンパ ドレナージュ)

・グラストン

・アクティベータ―・メソッド

・タイ古式マッサージ

・アーユルヴェーダ

・ストレッチ整体

・フィシオ・エナジェティック

・アプライド・キネシオロジー

・カラーセラピー(色彩治療)

・経絡マッサージ

これは、私が今までに受けてきた治療法の一覧です。

◆「だから、鍼灸。やはり、鍼灸。」

どの治療法にも非常に優れた部分があると思います。

しかし、治療を受けているときの感覚においては、鍼灸治療ほど独特な感覚を与える治療法は他にない、と私は考えています。

そして、治療を受ける患者の立場としての私の個人的な意見としては、鍼灸治療を受けるのが一番好きであると断言できます。

鍼灸を知らない日本人

しかしながら、我が国において、生涯で鍼灸治療を一度でも受けたことがある方の割合は、20~30%と言われています。

つまり、日本に生きるほとんどの方々が鍼灸治療を知らずに生涯を過ごしているようです。
特定の症状に対して鍼を打つ方が多いと思いますが、鍼は病気の予防としても非常に優れています。
いわば、どんな方でも鍼を受けて悪いことはありません。

◆「脳を癒す、心に灯す。」

鍼を打つことで、身体は快楽物質を放出するので、精神レベルの向上にも役立ちます。

灸を据えることで、血流循環が回復し、身体に活力を与えます。

「世の中が面白くない!」

「何をしてもつまらない。」

「何となく気分が晴れない。」

「いつも不安。心配の種が尽きない!」

「将来に希望が持てない。生きていても意味がない。」

など、このようなお悩みをお持ちの方は、今すぐに鍼灸治療を受けてみて下さい。

鍼が、身体の中の特定のポイントをとらえた時の何とも言い難い快感を知らない方がこの世の中のほとんどであるという事実に私は、衝撃を受けています。

鍼灸が当たり前の世の中にする

私は、自分の個人的な友人で鍼を知らない方には、必ず試しに鍼を一本受けてもらいます。

すると、ほとんどの方は「気持ちが良い」とか、「効いている感じがする」などという感想を口にします。
「ただ痛いだけ」と言われたことは一度もありません。

◆私のミッション

私は鍼灸治療の良さをより多くの方々に知ってもらうことが自身の使命であると考えています。
多くの方々が、何かあればすぐに「鍼灸を受ける」という選択肢が頭にパッと浮かぶほど、鍼灸治療を受けることが、当たり前の世の中にするというのが、私の人生の目標の一つです。

◆当院の鍼灸治療をぜひ一度

もし、このページを読んで鍼灸治療に少しでも興味を持ったという方は、是非一度、鍼灸治療を受けてみて下さい。
そして、もしよろしければ、試しに一度、私の治療を受けて頂ければ、これほど光栄なことはありません。

あなたのお悩み、お聞かせください。

当室の鍼灸治療の3つの強み