このようなお悩みには美容鍼

✔ しわ・たるみが気になる

✔ リフトアップしたい

✔ フェイスラインを引き締めたい

✔ 顔色が良くない

✔ 顔が疲れて見える

✔ 乾燥肌・肌荒れ

✔ 化粧ノリが良くない

✔ 顔がむくむ

✔ 顔が大きく見える

美容鍼の効果

1. 血流の改善

顔や頭皮を鍼で優しく刺激するとこで、血管が拡張し血流が改善されます。
血流の改善により、顔色も華やかになり、むくみも解消されるため、小顔に見えやすくなります。

 

2. コラーゲンが増える

皮膚は鍼の刺激を受けると、コラーゲンエラスチンなどが産生され、肌のハリが増し、引き締まった美しい肌に生まれ変わります。
皮膚の新陳代謝も活性化されるため、みずみずしい透明感のある肌に近づきます。

 

3. 顔のエラ張りが緩和される

顎の関節を動かす咬筋が緊張していると、エラが張っているように見えて顔が大きい印象になります。
咬筋が緩むと、それだけでも小顔の印象になります。

 

4. 表情筋がゆるみ、顔が整う

顔の筋肉は「表情筋」と呼ばれ、人間の顔の多彩な表情を生み出します。
表情筋も筋肉ですので、何もしないと日々衰えてしまいます。
各筋肉が衰えると、次のような症状が出る可能性があります。

前頭筋  → 額のシワ
眼輪筋  → 目尻のシワや、まぶたのたるみ
頬筋   → ほおのたるみ
口輪筋  → 口元のたるみ
顎二腹筋 → フェイスラインのたるみ

鍼で表情筋を刺激すると、筋肉が活性化して、シワやたるみの改善につながります。

 

5. 副交感神経の働きが高まり、精神も美しく

顔や頭皮を刺激すると、交感神経系の働きが高まり、精神的にも肉体的にもリラックスした状態になります。
脳の機能も正常化され、全身の筋肉の休息にもつながります。
ストレス社会で生きる私たちには、定期的な休息が必要なのです。

美容鍼はどのくらいの頻度で受けるべき?

鍼を使用しての美容治療は、エステなどの手技の美容治療より、効果の持続が長いとされていますが、改善したい症状が残存するまでは、一週間に一度くらいの間隔で治療を受けるのがベストです。

 

症状が改善されてからも、良い状態を維持するために、月一回程度のメンテナンスをお勧めするケースが多いです。

美容鍼とは

美容鍼は、「美顔鍼」「美容鍼灸」とも呼ばれます。

美容鍼は、現在ではメディアで取り上げられることが多く、テレビなどでもよく見かけます。
中には、一回の施術で数十万の治療費を請求するカリスマ鍼灸師もいるようです。

美容鍼は、効果のあるものですが、技術的には難しいものではありません

そのため、美容が専門の鍼灸院は、一般的な鍼灸院に比べて鍼灸師の技術的な養成期間を短縮できるため、経営的な利点が多いようです。
新卒の鍼灸師でも、数か月でデビューできてしまう美容鍼灸院がほとんどです。

 

そのため、美容専門の鍼灸院の鍼灸師には、身体の症状を十分に診ることができない者が一定数在籍しています。

 

当室の本質的な美容鍼灸治療

東洋医学には「健美(けんび)」という考え方があります。

健美とは、美しくなるための基盤にまず健康があるという考え方です。
健康を成し得るためには、身体が健やかであるだけでなく、心も康らかでなくてはなりません。

特に人間の顔は、精神状態と内臓の健康状態をつぶさに反映しています。

ですので、真の美容を目指すためには、身体全身の治療と平行して、美顔の治療をする必要があるのです。

 

当室の鍼灸師は、臨床経験が長く、重症の疾患の治療において数多くの実績があります。
美容鍼の施術に関しても学生時代から専門的に学び、美容鍼灸のメッカである青山・表参道で美容鍼灸師としても研鑽を積んでいます。