腰痛の東洋医学的な分類

上記の症状を東洋医学的に分類し、セルフケアや当院での治療法を解説していきます。

症状.1 冷えると痛みが増す

これは、寒冷による腰痛です。

体質的な身体の冷えや、外気などの寒冷刺激が原因で起こる腰痛です。

そのため、筋肉量が少ない方や貧血気味の方に多いタイプの腰痛です。

入浴などで身体を温めると症状が和らぎます。

寒冷による腰痛のセルフケア

寒冷による腰痛は、入浴中にシャワーを腰の辛い箇所に当てて、局所的に血流を改善させると痛みが緩和します。

ドライヤーなどでピンポイントに患部への温熱刺激を加えるのも効果的です。

温泉療法も継続的に行えば、効果を見込めますが、基本的には局所的に患部を温める事が重要です。

人間の細胞は、血液によって栄養を得ていますが、もともと血液の供給がされにくいポイントや筋肉の硬さなどで血液が供給されにくくなっているポイントがあり、血液が供給されていない信号として、痛みが出てしまいます。

そのため、そのポイントに温熱刺激を与えて、血液を導きやすい環境をつくることが必要なのです。

薬局などで市販されている「せんねん灸」などでツボを温めるのも効果的です。

冷えによる腰痛をとるツボとして有名なのが、足首の内側にある「三陰交」です。

〔お灸について〕

腰痛原因三陰交

当院での寒冷による腰痛の治療

1.冷えの根源を治療

人間の身体において、冷えの根源となりやすいのは、負荷を受けやすい場所や構造が複雑な場所です。

冷えの根源は、人によって異なりますが、膝や股関節、足首が代表的です。

冷え根源を特定したら、そこを灸で熱したり、はりで刺激して血流を回復させたりすることで温めます。

身体の冷えが解消されることで、腰痛が消失します。

2.熱を作りやすい体質へ

東洋医学では、肝臓が身体の熱を作り出すと考えられています。

その肝臓の活動が低下すると、身体が冷えて腰が辛くります。

腰痛を起こしやすい体質を変えるために、全身に散りばめられている肝臓のツボをはり治療やお灸でやさしく刺激していきます。

〔当室の鍼灸治療の3つの強み〕

症状.2 足にしびれや違和感がある
症状.3 雨の日や湿気がある日は特に辛い

これらの2つの症状は、東洋医学的に身体の水分をうまく代謝できないと起こる腰痛としてまとめられます。

これを東洋医学では「痰湿」による腰痛と呼びます。

腰やお尻が重く痛むのも、このタイプの腰痛です。

いわゆる「坐骨神経痛」も、東洋医学的にはこのタイプです。

坐骨神経痛のある腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症の場合、問題のある場所を特定しやすく治療方針も立てやすいのですが、坐骨神経痛のない腰痛に関しては、全身に対する治療が必要です。

痰湿(たんしつ)による腰痛のセルフケア

身体の中の余分な水分をいかに処理するかが肝心です。

セルフケアとしては、水分をたくさん摂取して、半身浴などで発汗を促し、身体の水分を入れ替えることが必要です。

岩盤浴やホットヨガなどもおすすめです。

さて、痰湿による腰痛を治療する際の代表的なツボが「豊隆」です。

東洋医学では、「身体の悪い水分を追い出す重要なツボ」という意味で「去痰の要穴」という異名をもつ名穴です

腰痛原因の豊隆

この豊隆を指圧したり、市販のせんねん灸で温めたりするのが、セルフケアとして効果的です。

また、余分な水分が溜まりやすいとされる上腕三頭筋への刺激も効果的です。

上腕三頭筋とは、いわゆる「二の腕」です。

リンパ液が停滞しやすい場所である二の腕をつかんで揉み出すのです。

これは、二日酔いなどにも効果的ですので是非お試し下さい。

当院での痰湿(たんしつ)による腰痛の治療法

痰湿による腰痛の治療においては、全身のむくみを取り除くことが肝要です。

むくみとは、余分な体液を体外へ排出できないと起こります。

身体のむくみは、手先・足先などの末端でも起きやすいので、全身を詳しく評価してから治療していきます。

はり治療やお灸で優しく刺激を加えることで血管を拡張させ、余分な体液を血管が回収して体外へ排出しやすくします。

もちろん前述の「去痰の要穴」という異名をもつ豊隆には必ずはりや灸で刺激を与えます。

〔当室の鍼灸治療の3つの強み〕

症状.4 痛む場所が決まっている

症状.5 夜になると痛みが増す

これらの2つの症状は、古い血液が血管の中に滞留してしまって起こるタイプの腰痛です。

これを東洋医学では「瘀血(おけつ)」による腰痛と呼びます。

「瘀血」とは東洋医学で、滞留して古くなった血液を指します。

血流は血管が分岐している場所や、流れが曲がりくねっている場所に乱流を起こして、古い血液が滞留する傾向があります。

古い血液の滞留が身体のいたる所で起きてしまうと、身体に不調をきたし、その症状の一つとして現れるのが腰痛です。

このタイプの腰痛は、前項の「痰湿による腰痛」を伴うこともあるので、足の痺れが出る方もいます。

また、女性に多く見られる腰痛で、生理不順や月経痛、月経前症候群(PMS)などの症状を伴う場合が多いと言われています。

瘀血(おけつ)による腰痛のセルフケア

セルフケアとしては、入浴中にふくらはぎや足裏を揉んだり、食塩を使って足を「塩揉み」したりすることで改善が見込めます。

ただし、このタイプの腰痛は、多方面からのアプローチが必要なので、早めにご相談下さい。

当院での瘀血(おけつ)による腰痛の治療法

古い血液が溜まりやすいのは、全身の関節付近や骨盤周りです。

血液の流れは、構造的に複雑な部分に淀みが生じます。

その血流が淀んだ場所に、古い血液が滞留してしまうのです。

脈の打ち方を診たり(脈診)、お腹の硬さを診たり(腹診)、さらに舌の状態を見る(舌診)ことで、古い血液が滞留している場所を特定して治療します。

このタイプの腰痛は個人差があり、治療法を一概に説明することは難しいですが、骨盤周りや肘、足首周辺のツボをはりで治療したり、足首やお腹のツボにお灸をして温めたりする治療を行います。

「瘀血」の治療で代表的なツボに「国安流子宮」があります。

下腹部にあるツボですが、教科書上の「子宮」より一寸上方にあります。

李国安という中医師が提唱した名穴です。

この「国安流子宮」は非常に冷えやすいポイントのため、お灸で優しく温めることで「瘀血」が改善し、腰痛が消失します。

〔当室の鍼灸治療の3つの強み〕

腰痛原因国安流子宮ツボ

症状.6  痛む場所が移動したり、日によって痛む程度が変わったりする

これは、心理的ストレスによる腰痛と考えられます。

東洋医学では、「気滞(きたい)」による腰痛と呼びます。

気滞とは、心理的ストレスによって気が滞っている病態を指します。

現代社会において、ストレスがない方は、ほとんどいないでしょう。

医学的には、心理的なストレスによって身体に不調をきたすことを「心身症」と呼びます。

このタイプの腰痛の方は、全身の倦怠感や疲れやすさ、睡眠障害などを合併していることが多いのが特徴です。

気滞による腰痛のセルフケア

ストレスは、精神的な問題と社会的な環境が密接に関係しています。

症状が深刻な方は、心理的なアプローチも必要です。

セルフケアとしては、一に睡眠、二に胃腸の環境改善です。

生活習慣を改め、身体環境を抜本的に変化させる必要があります。

個人差が大きいので、是非ご相談下さい。

当院での気滞(きたい)による腰痛の治療法

仕事や人間関係、家庭環境による心理的ストレスは、脳にダメージを与え、身体の異常へと繋がります。

また、無意識の身体の緊張が、長期間に渡って存在すると、それが身体へのストレスとなり、結果的に精神へのストレスに繋がる場合もあります。

東洋医学には、
「身体こそが、精神をドライブする。」
という考え方があります。

これは、どういうことでしょうか。

一般的な感覚として、精神(私たちの意識という意味)がドライバーとして、我々の身体という大きな機体を操縦している、と捉えがちです。

しかし実際には、私たちが操縦している身体からの様々なフィードバックによって、我々の意識、つまり精神の在り様が形作られている、という考え方です。

したがって、身体的な問題を一つずつクリアしていく事によって、精神の乱れを調律し、様々な心理的ストレスを乗り越える為のレジリエンス(精神的耐久力)を治療によって培うことができるのです。

具体的には、頭部や首の筋肉を調整する治療を行います。病態には個人差が大きいため、詳しく症状や生活環境などを伺った上で、お身体を綿密に調べていく必要があります。

是非一度、当院にご相談下さい。

〔当室の鍼灸治療の3つの強み〕

症状.7 同じ姿勢を続けると腰や尻あたりが辛くなる

これは、筋肉や関節の硬さによる腰痛です。

東洋医学では「労倦」による腰痛と呼びます。

これは一番改善しやすく、原因が特定しやすいタイプの腰痛です。

いわゆる西洋医学でいう「筋・筋膜性腰痛」です。

おしりや足に怠さを感じる方も多いです。

労倦(けんろう)による腰痛のセルフケア

労倦による腰痛は、筋肉や関節が硬くなって、その硬さを脳が不快な症状として感じることで生じます。

また、筋肉や関節の硬さは、脳の機能にも悪影響を及ぼしてしまいます。

労倦による腰痛のセルフケアは、関節を動かす体操がよいでしょう。関節や筋肉の柔軟性を取る戻すことが大切です。

当院での労倦による腰痛の治療法

背骨は腰から首まで連続しているので、腰と、後頭骨と頸椎の境界にある「後頭下筋群」も密接な関係があります。

そのため、東洋医学における腰に効果があるとされるツボは、後頭部に多く存在します。

この後頭下筋群の中の頭半棘筋と下頭斜筋は、特にはり治療で刺激を適切に入れやすい筋肉で、腰痛の治療としてとても効果的です。

また、腰の筋肉が硬くなるのは、腰自体が原因というよりも、おしりの筋肉の硬さで骨盤が傾いたり、太ももの筋肉が骨盤を引っ張って傾いたりして、腰に負担がかかっているのが原因ということも多いのです。

そのため、おしりや太ももへはり治療を行うと効果が上がるこがあります。

当院では、自宅で出来るストレッチなども指導しています。是非ご相談下さい。

〔当室の鍼灸治療の3つの強み〕