NEWS & Blog

腰痛の85%以上は原因不明。

 

最善の対策には、原因究明が不可欠です。

 

しかし、残念なことに腰痛の原因は、ほとんどの場合において分からないものなのです。

 

原因が特定できる腰痛を「特異的腰痛」と呼びます。

 

「特異的」というのは、レントゲンやMRIなどの検査において「特徴的で、正常な状態とは異なる”何かが確認できる」という意味です。

 

特異的腰痛の代表は、「腰部脊柱管狭窄症」「腰椎椎間板ヘルニア」などです。

 

一方で、レントゲンなどの検査をしても、原因が分からない、つまり特異的な”何か”がない腰痛のことを「非特異的腰痛」と言います。

 

そしてなんと、腰痛の85%以上はこの非特異的腰痛なのです。

 

 

なぜ腰痛の原因は分からないのか?

 

腰痛の大半は原因不明なので、一般的な医療機関では効果的な治療をすることができないのです。

 

それでは、なぜほとんどの腰痛の原因は分からないのでしょうか。

 

まず、腰の周辺には痛みを発生させる可能性があるものが多過ぎる、というのが要因の一つです。

 

腰痛を発生させる代表的なものだけでも、腰や臀部の筋肉や筋膜、骨盤の仙腸関節、腰椎の椎間関節、腰椎椎間板、腰椎や骨盤の骨自体、腰部の皮膚、腎臓などの内臓から来るものなど、実に多岐にわたります。

 

また厄介なのが、これらの組織は共謀して痛みを出すのです。

 

多くの場合、複数の筋肉複数の関節が複合的に腰痛を完成させているため、原因を特定することが非常に難しいのです。

 

腰痛の原因は「全身」にある。

 

さらに言えば、腰や臀部、骨盤以外にも腰痛の原因は潜んでいます。

 

例えば、猫背ストレートネックです。

 

猫背やストレートネックは、上半身の前方向への傾きを強めるので、頭の重さが首や肩にかかり、肩こりや頚椎症などを引き起こすのは想像に難くありませんが、腰や臀部は上半身の基盤になっているので、首や肩以上のダメージを受け続けている場合が多いのです。

 

また、脚の不調も腰にダメージを与えます。

 

脚を動かす際には、必ず腰が連動して動きます。

 

その為、脚の関節や筋肉の硬さがあると、脚の動きが悪くなり、その分を腰が余分に動くはめになり、負担が腰に蓄積するのです。

 

メンタル(精神面)も影響する

 

もちろん、精神的なストレスも腰痛の原因として考えられます。

 

適度なストレスは、脳を強くしますが、あまりに長期間に及ぶストレスは脳の機能を低下させてしまいます。

 

脳は疲れてしまうと防衛本能が働き、交感神経系が優位になります。

 

交感神経系が優位になると、血液の流れは悪くなり全身の筋肉が硬くなることで腰痛を増長するのです。

 

交感神経系とは?

 

交感神経系とは、副交感神経系と共に働く自律神経系の一つです。

 

自律神経系とは、私たちが意識しなくても自律的に働いてくれている神経系を指します。

 

血液の循環、呼吸、消化器の活動、発汗、体温調節、内分泌などは自律神経系の働きによるものです。

 

この自律神経系には、交感神経系副交感神経系があります。

 

交感神経系は、戦闘に備えるためのもので、副交感神経系身体を休ませるための働きをします。

 

この二つの働きの協調が乱れてしまうことを自律神経の失調と呼ぶのです。

 

現代人は、あらゆる場所から無尽蔵に発信される数多(あまた)の情報に曝され続けています。

 

情報を脳に入れることで脳は鍛えられますが、使った分だけしっかり休ませないと、脳は弱ってしまいます。

 

脳の働きが弱ると、身に迫る危険を察知する能力も低下するため、脳は身体に対して常に警戒態勢をとるように命令します。

 

これが交感神経系が優位な状態というわけです。

 

交感神経系を鎮める治療

 

自律神経系のバランスを整えるには、鍼治療がお勧めです。

 

鍼の刺激は、エンドルフィンという快楽物質の遊離を促進することで、オーバーヒートした脳を癒し交感神経系を強烈に鎮静する効果があるのです。

 

つまり、鍼治療は筋肉を緩めながら同時に神経系を調整することもできるのです。

 

腰痛に鍼。

 

鍼治療は、腰の筋肉を緩めるだけではなく、全身のあらゆる箇所から腰痛の原因を取り除き、脳を整えることで自律神経系の働きも回復させます。

 

まさに鍼治療こそ、全人的な腰痛治療が可能なのです。

 

鍼は、まさにあなたの腰痛のためにあるのです。