NEWS & Blog

東洋医学における診察

 

東洋医学における診察を「四診」と呼びます。

四診は望診(視診)聞診問診切診(触診)の四つの診察方法の総称です。

四診で得た情報を基に、治療方針を決めていきます。

今回は望診を紹介します。西洋医学では視診と呼ばれます。

 

望診

 

望診は、西洋医学における視診にあたり、四診の中で最も技術を必要とする診察法とされているため「神技」とも呼ばれます。

望診は、患者の顔面や舌、皮膚の状態などの視覚的な情報から身体内部で起きていることを把握していきます。

顔面における望診を「a.顔面診」、舌における望診を「b.舌診(ぜっしん)」、皮膚における望診を「c.尺膚診(しゃくふしん)」と呼びます。

また「d.望神(ぼうしん)」と呼ばれる患者の意識レベルを評価することもあります。これは、西洋医学におけるコーマ・スケールに当たります。

a.顔面診
顔面診では、下の図のように顔面の各部に五臓六腑を配置して、ニキビやイボなどのできものやシミ、そばかすの位置によって、どの臓腑が病んでいるのかを調べます。

b.舌診

舌診では、舌の形、色、舌苔(舌のこけ)の色や質から病状を判断する重要な望診です。

 

〇代表的な舌の形態

・胖舌(はんぜつ) 腫れた舌という意味です。身体の中に不必要な水分が貯まると、舌は腫れて大きくなります。むくみや関節痛、神経痛が起きやすい状態です。一定の期間以上この状態が続くと、精神面にも影響が及び、情緒不安定にもなりやすいです。

・痩舌(そうぜつ) 痩せた舌という意味です。水分や栄養が不足すると、舌が痩せて小さく薄くなります。
全体的に白っぽい場合は、栄養分の摂取が不足しているか、胃腸の不調により栄養が十分に吸収できない状態にあります。また、過度な疲労でも起きます。
 赤っぽい場合は、糖尿病や脱水症状の可能性があります。

・裂紋舌(れつもんぜつ) 紋様状の亀裂が入った舌という意味です。身体に熱がこもった状態が一定期間続き、身体の水分がなくなると、舌の表面に亀裂ができます。
・歯痕舌(しこんぜつ) 本来の形を保てずに、歯列の痕がついてしまった舌のことです。消化器の働きが鈍り、身体の余分な水分が貯まると舌の先や側面に凹凸ができます。
・芒刺舌(ぼうしぜつ) 芒刺とは、イチゴの凹凸を意味します。舌の表面がイチゴの表面状にツブツブになります。臓器の炎症や感染症により身体が熱に侵されている状態です。
 赤い斑点が下の中央付近であれば、胃や腸の不調が考えられます。
 赤い斑点が下の先端ならば精神的なストレスが要因かもしれません。
赤い斑点が下の脇の方ならば肝臓や胆のうの不調の可能性があります。

 

c.尺膚診(しゃくふしん)

「尺」とは、前腕の手のひら側を指し「膚」とは、皮膚を指します。
発生学的な繋がりを重視する東洋医学では、同じ胚葉から分化する中枢神経系と皮膚の繋がりを重んじています。そのため、日に焼けにくく本来の皮膚の色を評価しやすい前腕の手のひら側の皮膚の色を診て、どの臓器に変調があるかを判断します。

・静脈の色のように青っぽい→肝の変調で血行が悪い状態
・赤みがかっている→心の変調で動脈系の異常の可能性
・黄色がかっている→消化器の変調で、脂質の代謝が悪い状態
・白い→本来、白色に近いものが正常といえるが、呼吸器の変調や軽度の血行不順の可能性もある。
・黒い→腎の変調で、最も程度が重いと言えます。老化や極度の疲労が蓄積している状態

尺膚だけで、確定診断はできませんが、早急におおよその身体の状態を判断できるため、補助的な望診術として使われます。

 

d.意識レベルの評価(望神)

東洋医学において人間が持つ意識は、神のエネルギー(神気)によるものとされており、その神気の状態を診て、人間の意識レベルを評価します。これを望神と言います。

国内の西洋医学では、意識レベルをグラスゴー・コーマ・スケールという加点式の評価法を用いるのに対し、東洋医学では、神気の状態をざっくり3段階で評価します。

1.得神(とくしん) 健常な状態です。言語も明瞭で、受け答えもはっきりしている、健常に神気が働いている状態です。
2.失神(しっしん) 反応が鈍く、呼吸も弱く、意識が昏迷し卒倒している状態です。神気が失われつつあります。重い病状です。
3.仮神(かしん)  失神よりさらに重い状態です。衰弱していた患者が急に活発に話し出したり、頬に赤みがさしたりします。東洋医学では、精子の陽と卵子の陰が合わさって生命を成しますが、この陰陽が離れようとしています。陰陽を繋ぐだけの神気が残っていない状態です。

視覚的な情報は、様々なことを教えてくれます。今回は、鍼灸治療でよく用いる望診を紹介しましたが、歩き方やしぐさ、姿勢の観察などはどの療法の分野でも患者さんの身体の状態を把握する上で非常に重要な情報であると思います。