交通事故の治療について

交通事故に遭ったら、できるだけ早期の治療が必要です。

交通事故で受ける衝撃は、想像以上に強いものです。

事故の直後は、症状を感じにくい方も、数日・数週間後に徐々に症状が現れる方がほとんどです。

後遺症に悩まされないために、このページを良くお読みください。

松葉杖

当室は、クリニック付属の鍼灸室です。

交通事故の治療を整骨院や鍼灸院で受ける場合、通例として病院と並行して通院する必要がありますが、当室はクリニック付属の鍼灸室ですので、専門医の診察と鍼灸治療を同じ施設内で受けることができます。

交通事故から治療までの流れ

1.事故に遭ったら110番

交通事故証明をもらう

どんなに軽い事故でも、警察を呼んで「事故証明」をしてもらう必要があります。

事故証明がないと、交通事故として扱われない場合もあります。

交番や警察署で「交通事故証明書」の交付用紙をもらい、記載して手数料を支払えば、一週間ほどで郵送されてきます。

自動車安全運転センターでは、手数料を支払えば、その場で交通事故証明書を発行してくれます。

加害者側の任意保険の会社から一括払いの申し出があれば、その保険会社が交通事故証明書を持っていますので、必ず控えをもらいましょう。

相手の個人情報を控える

交通事故の相手方の住所・氏名・連絡先・勤務先・任意保険の会社を必ず控えましょう。

2.診断書をもらう

当室にご連絡頂き、診察のご予約をお取りください。医師の診察を受けて頂き、外傷があれば「診断書」を発行します。この診断書が交通事故によって怪我を負った証明書になります。

病院によっては、病院側から直接保険会社に診断書を送付するため、診断書の交付をしたがらない医師もいます。診断書を交付してしまうと、接骨院や鍼灸院など他の医療機関に患者を逃がしてしまうため、お願いしてもなかなか渡してもらえない例が多くあります。

しかし、診断書は交通事故によって怪我をした証明書ですので、必ず手元に持っておくことが必要です。

3.人身事故の届け出を提出

診断書を持って、管轄の警察署に行き、人身事故の届け出を提出します。

4.相手方の任意保険の会社に連絡

整形外科で鍼灸治療を受けたい旨を、保険会社に伝えます。

あまり知られてはいませんが、交通事故での鍼灸治療は国(国土交通省・金融庁)に認められています。

保険会社はできるだけ治療費を抑えたいので、鍼灸治療をすんなり認めてくれない場合もあります。

しかし、怪我の治療にどこの医療機関に通院するかは、患者様本人に決定権がありますので、医師の診察に基づき鍼灸治療を受ける旨を理解してもらいましょう。

5.治療をスタート

いよいよ治療を開始します。鍼灸治療は交通事故などの外傷に非常に高い効果を発揮します。

むちうち症

交通事故

交通事故で一番多い外傷は、むちうち症です。交通事故の衝撃により、首がムチのように、しなり打たれて損傷を負うため、アメリカの医学者が「むちうち」と命名したようです。

しかし、ひと口にむちうちと言っても、原因や症状は様々です。

むちうち症の中でも、鍼灸治療の効果が特に発揮される3種類のむちうち症について説明します。

1.外傷性頚部症候群(頚椎捻挫・頚部挫傷)

2.神経根症(頚椎椎間板ヘルニア・頚椎症性神経根症)

3.バレー・リュウ症候群

1. 外傷性頚部症候群(頚椎捻挫・頚部挫傷)

1.交通事故によるむちうち症の約70%がこのタイプです。首の靭帯が主に損傷を受けている場合には「頸椎捻挫」と呼ばれ、主に首の筋肉が傷ついている場合には「頚部挫傷」とされています。首、肩や背中に痛みや違和感が出ますが、レントゲンなどでは原因が特定できません。首の損傷に伴い頭痛を感じる方もいます。

2.鍼灸治療では、症状がある部分を中心に施術していきます。首を動かしたり、患部に圧が加わると痛みを感じる方が多いので、鍼灸治療に高い適性があります。

2.神経根症(頚椎椎間板ヘルニア・頚椎症性神経根症)

事故の衝撃で、背骨のクッションの役割を果たしている椎間板の変形で、腕や手の神経の根本を圧迫してしまうと、腕や手にも症状が出ます。これは、頸椎椎間板ヘルニアと呼ばれます。また、椎間板以外の組織が神経を刺激しているものを頚椎症性神経根症と言います。

原因は首にあるので、首を中心に、症状のある手や腕の神経症状に対する治療も並行して行います。

3.バレー・リュウ症候群

首の損傷により、自律神経系の失調がメインとなるタイプのむちうち症です。このタイプのむちうち症を発見したフランスの二人の医師の名前を冠しています。

自律神経症状は多岐にわたります。頭痛やめまい、吐き気、難聴、耳鳴り、のぼせなど全身に様々な症状が現れる可能性があります。

首の治療を中心に全身の施術により、自律神経系を整えていきます。

交通事故治療のまとめ

日本の戦国時代や中国の三国時代などの戦乱の歴史の中で鍼灸治療は発展し続けてきました。そのため、捻挫・挫傷・打撲・骨折の予後治療の分野に特化した治療技術が多く開発されてきました。

交通事故のような日常では受けることのない衝撃によって、人間の身体には様々な変調が現れます。

不要な刺激を加えずに優しく身体を調整できる鍼灸治療は、傷ついた身体を迅速かつ効果的に癒してくれます。

鍼治療